格安SIMカードとMVNOの関係

SIMカードはスマートフォンには必ず必要なものです。

スマートフォンで通信をする場合は特別な場合を除き必ずSIMカードを装着して使います。

因みに、「特別な場合」とはwifiを利用する場合ですが、wifiの環境が整っているところではSIMカードがなくても通信をすることができます。
それはともかく、スマートフォンを利用するにはSIMカードが必要で大手キャリアのスマートフォンにも装着されています。

大手キャリアの場合は自分の会社のスマートフォンしか利用できないように設定されていますので他社のスマートフォンでは利用できないように設定されています。こうした状況を「SIMロック」と言います。

一つ上のSIM情報はどれが良いのか悩んでいる人の参考となるサイトです。

格安SIMカードは大手キャリアよりも「安い」ということで「格安」と呼ばれています。

そしてこの「格安SIMカード」を提供している会社が「MVNO」と言われる会社です。


これは「MobileVirtualNetworkOperator」の頭文字をとったものですが、日本語にしますと「移動体通信業者」となりますが、大手キャリアから回線を借りて通信サービスを提供している会社です。

「格安SIMカード」はお得なカードですので使いたいと思うのが普通ですが、どんなスマートフォンにでも使えるわけではありません。

「格安カード」を使うには2つの方法があります。

一つは大手キャリアで購入したスマートフォンの「ロックを解除」する方法です。先に説明しましたように大手キャリアは制限をかけていますのでそれを解除することで使うことができます。

かつては大手キャリアは自社のスマートフォンには自社のSIMカードしか使えないようにしていましたが、現在では一定期間が過ぎたときはその制限を解除するように義務付けられています。



あと一つはSIMフリー端末というスマートフォンを購入する方法です。



このスマートフォンは最初からロックがかかっていませんので使うことができます。


フリー端末はMVNO業者などで販売していますし、普通にネット上でも販売しています。ですから、自分で好きなスマートフォンを選ぶことができます。

選択の範囲が広がるという意味でも「格安カード」はメリットがあります。

これまで説明してきましたようにMVNOが格安SIMカードを販売していますが、「格安IMカード」には大きくわけて2種類があります。

それは「データ専用」と「音声通話ですが、前者は音声が使えないのですが価格的には安くなります。

人によっては電話はガラケーにして通信だけをスマートフォンでする人もいますので、そうした人にはメリットがある使い方です。

いわゆるSIMフリーと言われるスマートフォンを購入する必要がありますが、大手キャリアのスマートフォンでも「ロック解除」をするなら使うことができます。

かつては大手キャリアのスマートフォンはロックを解除することができませんでしたが、現在は一定期間が過ぎたなら「ロック解除」が義務付けられています。