SIMなしスマートフォンの活用術

SIMなしスマートフォンの活用術

月々の維持費を最小限に抑えてスマートフォンを持ちたい場合には、スマートフォンの重要な役割であるSIMの契約を行わず空の状態での利用がオススメです。SIMカードを挿すことでスマートフォンは通話やメール、インターネットを快適に使用でき、SIMカードが無い状態ではスマートフォンに初期から内蔵されている電卓やカメラ、カレンダー機能が使えるシンプルな機器へと変わります。
契約を行わないので通信に掛かる維持費は無料となりますが、端末さえ持っていればSIMカードが無くてもアプリのインストールはwifi機器を利用することで可能です。

近年では無料のwifiスポットも増加し、外出先ではwifiを利用してスマートフォンを活用し、自宅では無線LANの機器が整っていれば家族全員、手持ちのスマートフォンの通信費を抑えることができます。



特に小学生や中学生の子供が居る家庭でスマートフォンを持たせる場合には、通話用としてガラケーを契約し、スマートフォンはSIMなしで与え自宅のみで使える環境を整えましょう。



SIMなしの大きなメリットとしては自宅以外でスマートフォンが使用できない分、必要以上に利用する時間が短縮されます。
更に使用する無線LAN機器の中には節電モードが搭載している機種もあります。



節電ができるタイプであれば、自宅内でもwifiを利用できる時間帯を夜9時までなどに設定しておけば、子供が遅くまでスマートフォンでゲームを利用して勉強を疎かにするリスクも減るでしょう。大人でもパソコンが自宅にあればスマートフォンが不要だと考える人も多く、タブレットやスマートフォンをSIMなし契約をして必要時にSIMカードを購入する人も居ます。


プリペイドSIMの販売もあり一定期間のみ使えるので、出張先や旅行の時だけwifiに頼らず通信をしたい方には用途に合わせたタイミングでプリペイドを買うのも節約に繋がります。

ただし宿泊施設でフロントでチェックインをすると無料のwifiへ接続するパスワードを教えてもらえるので、ホテル内で通信環境が整っている場所が増えています。

完全に通信を遮断したSIMなしのスマートフォンはデジタルカメラの代わりとしての活用方法もあります。SDカードを挿し込んでおけば多くの写真を保存できます。

スマートフォンの端末次第で、メモ帳機能も内蔵しているため、メモ代わりなど、活用の仕方は多種多様あります。
初めてガラケーからスマートフォンに契約を検討する場合の人にもSIMなしのスマートフォンの利用はオススメです。今までとは使い勝手が大幅に違うため、スマートフォンに契約をしても後にガラケーに戻りたいと考える方が多いからです。

事前にSIMなしのスマートフォンで使い勝手を知り、自分に合うか合わないかを考えてから契約を行うのも良い選択方法です。

スマートフォンは家族が不要になった物を借りたり、中古や新品でも通販で購入できるため自分の納得できる入手方法を選びましょう。