格安SIMの契約と解約内容を把握する

格安SIMを契約する場合の申し込み方法にはネット申し込みと店頭申し込みの二種類があります。

ネットでは複数の申し込み先があり、プラン内容を比較して選びやすさも増えますが、店頭申し込みの場合は店舗を構えている会社数が少ないので選ぶ先は限られてしまいます。
どちらの方法にも充分なメリットがあります。



ネット申し込みには手軽さがあり、自宅でも出先でも自分の好きなタイミングで申し込みができて便利です。

店頭の場合はスタッフと顔を見ながら契約を進められるので、自分の納得できる契約方法を見付けられます。


SIMカードの契約には身分証明書である運転免許証などの本人確認ができる書類を用意する必要があり、支払いはクレジットカードが主流となっています。
年々、支払い方法にクレジットカード以外の口座振替やデビットカードが利用可能な会社も増加しています。


現在、使っている携帯の電話番号をそのまま利用したい場合には格安SIMの契約を行う前にMNPの手続きを行いましょう。

キャリアを離れても格安SIMに電話番号の引継ぎは可能な為、わざわざ電話番号の変更を知らせる手間も省けるので安心です。


MNP予約番号には期限があります。ネット申し込みでSIMを契約をした場合、本人確認などで多少時間が掛かってしまう場合も想定して手続きは早めに行うのがオススメです。

全ての準備が整ったらネットで申し込むのか店頭へ向かうのかを決めましょう。

ネットでの申し込みは、利用したいSIMカードのサイズの選択、端末も同時に買う場合には端末の選択、後は自分の住所や氏名、クレジットカード情報などの個人情報を入力するだけと、意外に簡単な方法です。

ただし、申し込み完了のメールを受信する為にはフリーメールでも構わないのでメールアドレスを取得しておきましょう。
メールアドレス宛に購入内容などの文面、本人確認が済んだ場合の連絡や発送の連絡を細々と受信できます。



契約するSIM会社先次第では配達日時を自分で選択することも可能です。ネット契約に不安がある場合には店頭に行くのも良いですが、ネット上でもリアルタイムでチャットのサポートを受けられるので、疑問点を手軽に聞くこともできます。


契約が済み端末が届いた後には自分でスマートフォンにSIMカードを挿す作業を行います。方法は各会社から届いたSIMに書類が添えられているので参考になります。



どうしてもカードを挿しても通信できない場合にはサイトの記載を読み直すか契約会社のサポートへ問い合わせるのが一番です。

使い始めて自分に合わず解約を検討する際には、SIMカードは返却する必要があります。解約方法はネットを利用して行うことができますが、通話用とデータ用のSIMで最低利用期間が異なるので、期間を過ぎていないと解約金が発生します。

SIMカードを返却しなかった場合も同様に損害金が発生する場合もあります。

解約後は速やかに返却をするのが安心で安全です。