SIMカードの賢い使い方

私達が普段利用しているスマートフォンやタブレットなどのモバイル機器にはSIMカードと呼ばれる極小のチップが挿入されています。

このチップは簡単に取り外すことができますが、取り外してしまうと電話やインターネットを利用することはできません。チップには電話やインターネットを利用する為の情報が内蔵されているからです。

SIMカードにはいくつか規格があり、新しい規格のカードほどサイズが小さくなっています。

モバイル機器もそれに合わせて規格が変更されているので、機器とカードの規格が合っていないと利用することができません。

逆に機器とカードの規格が合っている場合、カードを入れ替えて他の端末に挿入して使うということが可能です。

カードを入れ替えて使う場合、機器とカードの規格が合っていることも重要ですが、端末側のロックが解除されていることも条件となっています。



ロックが解除された端末はSIMフリー端末と呼ばれ、カードを入れ替えるだけで電話やインターネットを利用できるようになります。SIMフリー端末は電話番号やネット回線はそのままで、簡単に機種変更できるのが特徴です。

契約中のA社のSIMカードを所持している時、B社のSIMフリー端末を購入すれば、SIMカードを入れ替えて使うことができます。



他社間での機種変更が容易にできるのは大きなメリットだと言えます。

ロックされた端末の場合、最寄りの携帯ショップに持ち込むことでロックを解除してもらえます。
SIMカードは携帯会社や通信業者で契約して入手します。

提供している会社によってサービスや料金プランが異なるので、用途に合わせて選択することで毎月の支払いを節約したり、インターネットを快適に利用したりできます。


新規で契約する場合は事務手数料が発生することがあり、料金プランにも2年縛りなどの条件がある場合もあります。
しっかり確認しておきましょう。

各会社が提供しているSIMカードは大きく分けると3種類のタイプに分類できます。
料金は高いがインターネットを快適に利用できる高速回線タイプ、回線速度は普通だけどとにかく安い格安タイプ、電話やネットも高水準でキャリアメールを使える携帯キャリアタイプの3つです。用途に合わせて1つを選ぶのも良いですが、2台持ちするという選択肢もあります。
例えば、1台目の携帯キャリアタイプは電話メインでキャリアメールを使えるようにして、ネットは最低限の利用プランに設定する。


2台目の格安タイプはネットを利用するだけという使い方があります。



この選択は仕事などでキャリアメールを長く利用している人にはおすすめの選択肢だと言えます。

現在ではSIMカードを提供する会社が増え、様々な選択肢が生まれています。

電話を利用する場合でも携帯会社に拘る必要は無く、他の会社が提供している音声通話対応のSIMカードを利用するという選択もありえます。


毎月の利用料金を節約したいと考えているなら調べてみると良いでしょう。