通信費の圧縮には格安SIMが有効

通信費の圧縮には格安SIMが有効

スマートフォンに挿入されているSIMカードとは、その情報端末を使いインターネットへの接続や通話をするために必要なICカードのことを指し示します。利用者本人の個人IDや契約プランなどが識別されることで、契約している携帯電話会社がその利用状況を把握して料金が請求されるという仕組みとなっており、このカードがなければ携帯電話会社の通信網を利用しての情報端末を利用することができません。多くのスマートフォンやタブレットはカバーの中に挿入されていますが、実際にそれを取り出して交換するという経験をしたことのある人はあまり多くないでしょう。

基本的にはそのSIMカードを入れ替えて利用するという方法はこれまで想定されていなかったものであるためです。
大手の携帯電話会社(キャリア)は、利用者がその端末を他社で使うことがないようにロックを掛けています。携帯電話会社の端末と、同じ携帯電話会社のSIMカードがセットとなっていなければ通信ができないということになりますので、利用者の囲い込みが容易であるという事業者側のメリットがありました。



しかし自由な価格競争などの障壁となっているという指摘もあり、総務省の指導によってロックをすることの是正が求められ、その結果2015年5月以降に販売されているスマートフォンは、すべてSIMフリー(どの通信会社のものも利用可能)という仕様となりました。



そのために比較的低価格でのサービスを提供する事業者も増え、その通信事業者(仮想移動体通信事業者)が提供しているSIMカードを格安SIM、そしてそれとセットで販売されているスマートフォンがいわゆる「格安スマホ」として登場したのです。
通信事業者は大手のキャリアの通信網を利用し、そのレンタル費用を支払っているという形となりますので、莫大な通信網の維持管理コストが掛かりません。

つまり利用者が低料金でサービスを受けられる仕組みとなっているのです。自社で通信ネットワーク回線網は持たず、借りて利用しているということで、通信品質に不安を感じる人も少なくないとされていますが、基本的に同じネットワークを利用しているために利用可能圏域も同様であり、特別に大きな不便を感じているという人はいないと考えて良いでしょう。

トラフィックが集中する時間帯などに一時的に遅くなるという状況も発生する可能性はあるものの、実用の範囲の中では不都合が少ないものと考えられます。格安SIMには、利用者がお得になるさまざまなプランが設定されており、データ通信量の少ないかなり格安のプランであったり、データ通信のみのプランであったりと、より基本料金が低くなるように設定されています。



また格安SIMを扱う仮想移動体通信事業者が急増して、価格面での競争も低価格化に拍車をかけていると見て良いでしょう。

自分の生活に合わせて、適切なプランを選ぶことにより、従来の大手キャリアとの契約よりもかなり通信費を圧縮することができるようになります。