SIMカードのタイプ

SIMカードのタイプ

スマートフォンやタブレットなどのモバイル端末はSIMカードと呼ばれる極小のカードを挿入して使うのが一般的です。

SIMカードには電話番号やインターネット回線を利用する為の情報が含まれており、カードを挿入していない端末では電話やインターネットを利用できません。

基本的にスマートフォンやタブレットなどのモバイル端末を購入時、SIMカードもセットで購入することになります。SIMカードを提供しているキャリアによって、利用できるインターネット回線や料金設定が異なります。SIMカードは何時でも利用停止することができ、他のキャリアが提供しているSIMカードを使うこともできます。これによってモバイル端末の所有者はキャリアが提供する回線速度や料金を見比べて、自分で最適な物を選択できるようになりました。

SIMカードには大まかに分けて3種類のタイプがあります。インターネットを快適に利用できる高速回線タイプ、最低限の性能でまとめた料金の安い格安タイプ、電話を利用できる携帯キャリアタイプの3つです。



この中から用途に合わせて一つを選択する人もいれば、複数の端末を使い分けて使うという人もいます。

それぞれの特徴を知って、最適な物を選びたいです。


高速回線タイプはインターネットを頻繁に利用する人に人気があります。

動画の視聴や大容量のデータを扱うことが多い場合、ネットを快適に利用できる高速回線タイプ以外の選択肢は無いと言えます。
このタイプのSIMカードには毎月のデータ通信量に制限があるものと無制限で使えるものがあります。

制限が掛かってもインターネットの利用は比較的快適という特徴があります。


料金は毎月4000円~5000円程度になります。格安タイプは最低限使えるだけの性能でまとめられたSIMカードです。


インターネットはサイトの閲覧程度なら問題無いレベルで、動画の視聴になると読み込みが少し遅い程度になります。

毎月の通信量に制限があることもあり、制限が掛かると動画視聴は難しくなります。
料金は毎月1000円~2000円程度で利用できるのが最大の特徴です。



携帯キャリアタイプは大手の携帯会社が提供しているSIMカードで、電話やインターネットを利用できて、専用のキャリアメールを利用できます。

一般的な人は電話やインターネットを利用できる携帯キャリアタイプを使うのが良いでしょう。



また、キャリアメールが使えるというのも魅力的で、昔から携帯キャリアのメールアドレスを利用している人には選択するポイントになります。

料金は電話とネットの使用頻度から最適なプランを選びます。

モバイル端末を電話用の携帯キャリアタイプとインターネット用の高速回線タイプの2つで運用するのも良いと考えられます。

この場合、携帯キャリアタイプでキャリアメールを残しながら、もう一つのモバイル端末で高速回線を利用できるというメリットがあります。キャリアメールを残しておきたいという人にはおすすめの選択肢だと言えます。