失敗しないお中元の選び方

お中元は夏の挨拶として贈る物ですが、相手に喜んでもらうためには相手の好きなものや、家族構成、嫌いなものはなかったかなどを考えて贈る必要があります。趣味の傾向がわかっている相手であれば選びやすいですが、何を贈ったら良いのか直接聞きにくい間柄などの時には、何を贈ったら良いのか迷ってしまいます。そんなお中元の贈る品を迷ってしまう間柄の場合には、間によって負担にならない金額の相場を知っておく、贈る相手との関係、家族構成を思い出しながら贈ることがポイントです。お酒を飲まない人に対してお酒を贈るのは失礼になってしまうため、飲み物であればインスタントコーヒーやフルーツジュース、サイダーなどが無難となります。

子どもがいる家庭であればみんなで楽しめるお菓子を贈る、家族の多い人であれば消費しやすく喜ばれるスイカやメロン、マンゴーなどの旬のフルーツを選ぶなどの工夫が行えます。お中元の喜ばれる品物がわからないという場合には、洗剤など万人が使いやすいアイテムもオススメです。近年では、かっちりしたお中元よりも手土産、夏の贈り物といった手頃でカジュアルな品も人気になってきています。ただし、贈る場合には生モノか、保存が効くかなどに注意して贈ることが重要です。

生モノを贈る場合には、相手が旅行などで長期不在で受け取れないということを避けるように手配します。喪中の相手などには、保存が効くものを贈るなどの気遣いも喜んでもらうためには大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です