知っておこう「お中元」のマナー

普段お世話になっている人に感謝の気持ちを込めて、贈り物をおくる風習を「お中元」と言います。「お中元」には、1年のうちの上半期にお世話になった人や目上の人に、品物をおくります。基本的には目下の人が目上の人におくることなっていますので、最低限のマナーは知っておきたいところです。「お中元」の予算は、会社でお世話になっている人や上司の人に対しては、相場は5、000円となっています。

特にお世話になった人に関しては、1万円の場合もあるようです。遠くに住んでいる親戚や家族への品物の場合は、3、000円程度が妥当と言われています。ポイントは、あまりにも高価すぎる品物をおくってしまうと、かえって相手に気を遣わせることになりますので、双方が納得できる金額の範囲でやり取りをするのが好ましいという点です。「お中元」は夏の行事です。

贈り物は夏を意識した食べ物などが無難とされています。そうめんやソフトドリンクなどがそれに該当する商品です。水ようかんなども喜ばれるでしょう。もし相手の好みや家族構成を知っているのなら、それに合わせて品物選びをすると喜ばれます。

たくさん家族がいたり、子どもがいるのならジュースなどが喜ばれる傾向がありますし、相手がご高齢の場合は固い食べ物などは控えるべきです。また、「お中元」では海苔などをおくるのはタブーとされています。海苔などは「早く消える」意味合いがあり、お葬式の際に用いる品物です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です