お中元を贈る相手により異なるマナー

お中元は感謝の気持ちを伝えるために贈るものですが、贈る相手によって守るべきマナーが異なります。例えば、自分の実家の両親に贈る場合は、率直に何が欲しいかを聞いてみることができるでしょう。義実家へのお中元であれば、今後も長い付き合いにあるため、非常識と思われないよう是非とも注意したいものです。それで、義両親が喜ぶものを贈ることは大切なことですが、アレルギーのある食べ物や苦手なものを送ってしまうことがないよう、事前に配偶者に聞いておくのはよいことです。

職場の上司や取引先にお中元を贈る場合は、家族と違って何が好きかを聞くことができないため、まさに贈る側の腕の見せ所となるところです。お世話になっている上司にはぜひ喜んでもらいたいと思いますが、贈る前にその上司についてよく考えてみることによって、どんなお酒が好きなのか、健康維持のために避けている食べ物はあるか、さらには何人家族かといった情報を最大限に活かして選ぶことができます。場合によっては、昔お世話になった恩師や先生にお中元を贈りたいという人がいるかもしれません。そのような方に贈る際には、相手にお返しをしなければといった気を使わせないように、気軽に贈れて受け取れるものがよいと言われています。

友人や知人の場合も同様で、お土産感覚で渡せるようなものがいいでしょう。いきなりお中元が届くとびっくりすると思われるなら、電話の一本でも入れておくのが新設なことです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です