お中元を贈る時期やポイント

お中元は一体いつ頃贈れば良いのかと迷う場合もあるものです。というのも関東地方の場合には6月の下旬から贈り始めることもあり、関西地方では8月に入ってからも贈る場合があるからです。具体的には関東の場合には一般的に6月下旬から7月15日ごろまでに贈ることが多くあります。一方、関西地方の場合には7月の初めごろから8月15日までに贈ることが多いのが特徴です。

そのためお中元を贈る時期に悩むときには、7月上旬ごろから7月15日頃までに贈ると、両方の地域のシーズンと重なっているので無難です。お中元を贈るべき時期に送ることができなかった場合には、暑中御見舞いや残暑御見舞いという形で贈り物をすることをおすすめします。日頃のお世話なったお礼として感謝の気持ちを伝える行事なので、時期がずれたとしてもそれほど気にすることはないですが、時期に合った表書きをする必要がある点には注意が必要です。8月の15日より前に渡す場合には、暑中御見舞ですが8月15日をすぎると残暑御見舞となります。

とはいえ目上の人に贈る品の場合には、暑中御伺いや残暑御伺いとすることがポイントです。デパートの夏ギフトの催事では、時期に合った表書きののし紙を使用してくれるのでうっかり間違ったりすることもないでしょう。また喪中の場合にはどうしたら良いのかと気になる人もいるものですが、日頃のお世話なったお礼なので喪中に贈っても良いと考えられています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です