常に助けてくれる上司にお中元で感謝を伝える

一昔前であれば会社関連のお付き合いでお中元を贈りあうのは一般的でしたが、現代ではそうした風習は減少してきています。とはいえ形式的なことだけにとらわれず、普段力になってくれて導いてくれる尊敬する上司や社長などに、感謝の気持ちを込めてお中元を贈るのは素敵なことです。陰になり日向になり支えサポートをしてくれる上司は、普段感謝の気持ちでいっぱいながらも、なかなか口に出して伝える機会はありません。良いチャンスですから夏のご挨拶を兼ねて、普段の感謝の心を品物にして贈ることで、思いは伝わりやすくなります。

丁寧なお中元の贈り方をするのも大人のマナーですから、まずは送り状を送ること、そのうえでの品物の発送です。普段から飲酒が好きならば夏に冷えたビールは最高ですから、ビールのギフトを選ぶこともできます。一体何人家族だったかなど、上司の家族構成を思い浮かべてみたり、健康上で控えている食べ物などはないかなども考慮することです。最大限に普段からリサーチ済みの上司の情報をフル活用して、1番喜ばれるギフトを選びます。

かける費用面に関しては5千円ほどが目安ですが、感謝のきもちですから本人にとって負担なく出せる金額内で構いません。普段を知っている上司ですから、あまり背伸びをしすぎても心配をさせますし、口頭ではなかなか言えない気持ちを品物で贈ること自体、心から喜んでくれるはずです。金額的なことはあまり気にしないはずですから、上司の喜ぶものを無理のない予算内で選ぶようにします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です