お中元は誰に贈るべきなのか

夏の季節に贈る習慣があるお中元ですが、実際にどのような人に対して贈るべきなのかわからないという方は少なくありません。一般的には日頃お世話になっている方に対して、今年上半期の感謝の気持ちを込めて贈るのがお中元であり、本来は離れて暮らしている両親や親戚、仲人や勤務先の上司や恩師など目上の人に対して贈るのが基本だといわれています。親戚にお中元を贈る際には、親戚間によって取り決めがある場合も少なくないので自分で判断をする前に、一度両親に相談をしてみることをおすすめします。上司や先輩など仕事先でお世話になった人に贈る場合も、会社内のルールが設けられている場合も多いので、会社内のルールや慣習を踏まえることも社会人として非常に大切になります。

今まではお中元は目上の方に贈るものという考えがありましたが、最近では対等な立場の友人に対していつもありがとうという感謝の気持ちを込め、気軽にお中元を贈り合うというケースも増えてきている傾向にあります。他にも普段かかっている病院の主治医やお稽古ごとの先生に贈るという方もいるので、普段の生活の中で中々感謝の気持ちを伝える機会がないという方も、この機会をうまく活用する方法が注目されています。ただ高価な贈り物は、かえって相手に負担をかけてしまう原因となるので、相手が喜ぶギフトセットなどを選んで適切な相場を守るということも重要です。贈り物の内容などもしっかりチェックするようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です